色々な種類の乳酸菌を摂取して健康に長生き

乳酸菌という菌がいるわけではない

誰もが聞き覚えのある乳酸菌ですが、何となく「体に良い菌だろう」というイメージを抱いていることが多いでしょう。それは間違いではありません。確かに乳酸菌の摂取は少ないより多いほうが体に良いのです。

ただし乳酸菌という名前の菌がいるわけではありません。実は腸内で糖分を分解し、乳酸を大量につくってくれる菌を乳酸菌と呼んでいるのです。乳酸菌の総数は諸説ありますが、およそ250以上の種類があると言われています。

ですから健康のために乳酸菌を積極的に摂取しようと思ったら、乳酸菌を多く含んだ何か特定の種類の食物を多く食べるのではなくて、広く色々な種類の物を食べるべきです。なぜなら、そのほうが多くの種類の乳酸菌を摂取できるからです。

動物性と植物性の乳酸菌

それでは乳酸菌には具体的にどんな種類がいるのでしょうか。乳酸菌は、大きく分けると動物性と植物性の二つに分けられます。

動物性乳酸菌の代表格というと、ヨーグルトやチーズなどの乳製品が上げられます。

これは世界中の人々に愛されている健康食品の一つであり、日本でも多くの人に食されています。
それに対して植物性乳酸菌の代表は、味噌、醤油、納豆、漬け物などの発酵食品です。

こちらも多くの日本人が大好きで毎日のように普通に食べている食品です。ますは動物性と植物性の二つの乳酸菌を、好き嫌いを言わずにバランス良く摂取するように心掛けましょう。それだけでも健康効果はアップしてくれます。

それ以外にも乳酸菌は、属と種と株という順で分ける生物学的分類法もあります。最近よく聞くようになったビフィズス菌なども、この分類法で分けられた菌です。更には丸い形の菌を乳酸球菌、棒状の形の菌を乳酸桿菌と分類することもあります。

その他にも様々な分類がありますが、要は多くの種類の乳製品や発酵食品を食べるようにすべきだということです。

人間、歳を重ねるごとに同じような献立の食事が毎日続いてしまうことが多くなりがちです。それは健康や長生きのためには望ましいことではありません。

日頃から多くの種類の乳酸菌を摂取する努力をすれば、栄養の偏りも自然に防止できることが期待できます。

乳酸菌サプリ効果比較.com