どうしてもバストアップしたい!好きだった男の子にペチャパイと言われて

まず、可愛いと思った下着のサイズがなく小さいサイズのブラジャーは少ないので数少ないなかから探さなければならないことが高校生の頃は悩みでした。

高校生のころ、体育の時間などで着替えるときに胸の大きな子は堂々と着替えていましたが、小さかった私はこっそりと着替えました。

また社会人になってからは、結婚式などのパーティーによばれてドレスを着ても、胸のあるひとに比べて貧相に見えてしまいドレスが似合わなかったです。

それから、これは長年感じているのですが胸が小さいと付き合ったばかりの男性とは、そういう関係になるのに恥ずかしくて別れてしまうなんて事もあります。

何でも分かり合える仲ならいいのですが、やはり裸に自信がないので電気を消したりしなくてはならないです。

また、夏になると露出が増えますが、やはり胸に自信がないことと胸の谷間がないので胸元にすきまができてしまって胸がないなりに気になって結局露出の少ない服を着てしまいます。

友達にプールや海に誘われても胸に自信がないために断ってしまったりして、夏の思い出があまりありません。

あと、1番心に残っているエピソードはまだ思春期のころに好きだった男の子にペチャパイと呼ばれてしまったことです。

お前は胸がないから色気がないと言われたことです。

その事がショックで、その男の子とはしゃべれなくなってしまったことです。

今となってはその程度のイジリは慣れましたが思春期のころに言われたときは相当ショックでした。

初めてブラジャーを買ってもらったのも中学2年の終わりと周りより格段と遅かったです。

でも、親に恥ずかしくて言い出せなくて(あんたは胸が小さいからいらないでしょなどと言われるのが恥ずかしかった為)買ってもらうのも遅く、ですのでもちろんつけはじめるのも遅くてタンクトップにすこしカップのついたブラの期間は女子同士でも着替えたり夏服で少しスケるたびに嫌だなと思った事をいまでも覚えています。

バストアップのために

胸筋トレが1番いいと聞いたことがあったので、学生時代のころは毎日おこなっていました。

胸の前で手を合掌のポーズにして胸に力をいれるつもりでグッと手を押し合うトレーニングを毎日開いている時間や、待ち時間などにおこなっていました。

またお風呂では背中のお肉を胸に何度ももってくるという運動もしていました。

あと聞いた話だと、女性ホルモンが関係しているのでバストアップには1番は好きな人にマッサージしてもらうのが近道だと聞きました。

少し興味があったので、彼氏に毎日お願いして揉んでもらったりもじした。

豊胸手術は興味があって調べたりしましたが、お金がすごくかかるし子供を産んだときに授乳などを考えるとハイリスクなことばかりだったのであきらめました。

見る人がみたら、偽物のおっぱいだとわかってしまうみたいだし
維持することがいがいと大変で何回かメンテナンスもあるみたいだったので興味がある程度で終わってしまいました。

が、最近の豊胸手術は発達しているらしく、脇下に傷もつかなく男性にもまれたとしてもわからないらしいので興味はまたでてきています。

それから、ブラジャーを本当に自分にあったものにかえるだけで、少しバストアップにつながるらしいので興味を持っています。

バストアップサプリ人気